数か月ぐらいは様子を見る

ダウンタイムってどれくらい?


スキンクリニックで治療する場合は経過観察が重要になります。それぞれの施術により、ダウンタイムがあります。例えば、二重手術の切開法は埋没法と違ってメスを使うので、ダウンタイムは長めになります。手術により、皮下出血が起きる場合がありダウンタイムは2~3週間で、徐々に消えていくでしょう。そして、1~2カ月間赤みが生じます。他にも、プチ整形におけるヒアルロン酸注入やボトックス注入は、内出血がありダウンタイムは1~2週間くらいです。鼻を高くする鼻プロテーゼもダウンタイムは1~2週間くらいです。シリコン挿入する豊胸術はダウンタイムは1カ月ほど、脂肪吸引は部位によってもまちまちですが、ダウンタイムは1~3ヵ月ほどと長期になってしまうでしょう。

ダウンタイムは、数か月ぐらいは様子を見る


スキンクリニックにおいての施術は、多かれ少なかれダウンタイムが必要となってしまいます。術後腫れたり赤みがでたりと、事前に分かっていても、それなりの覚悟は必要になります。思っていた以上に腫れたりすると、こんなはずじゃなかったと落ち込むこともあるでしょう。しかし、そんなときは、担当医師の言葉を信じて数か月ぐらいは様子をみましょう。まだダウンタイムなのに、他のクリニックで次の施術を行ったりするようなことだけはやめてください。快適に経過観察の時期を過ごすには、施術を受ける時期が重要です。なるべく肌を露出しない冬の時期がおススメです。部位が顔の場合は、とても目立つので、マスクが必須になります。冬ならマスクをするのに、気にしなくてよい季節なので、ダウンタイムも過ごしやすいです。